世界に触れると、自分が変わる。

Features

コース紹介 メイン画像
#01

英文学科の概要

1875年創立

神戸女学院が誕生したのは1875年。明治8年のことです。英語という翼を日本人女性が身につけて、それぞれの空へと羽ばたけますように。アメリカ人女性宣教師の熱い願いを受け継ぎ続けて、そろそろ150年です。
キャンパスは阪急電鉄今津線「門戸厄神駅」から徒歩で7~10分。都会にありながら自治体や商店街の皆さんとのつながりも深く、地域と連携した取り組みや実習授業など、ここでしか経験できない学びもたくさんあります。

英文学科の概要
History and Tradition
#02

少人数教育

平均33人

神戸女学院大学 文学部 英文学科は、591名の学生と18名の専任教員でつくる、アットホームなみんなの居場所。
教員1名に対する学生数は33名(2021年度)。語学やゼミは、1クラス13名程度で少人数教育を展開しています。学生たちと先生たちの距離が近いのがポイントです。また、課外活動などを通じて広がる学部・学科の枠を超えた友人関係は、人生の宝物になるかもしれません。

少人数教育
Small-group education
School building
#03

神戸女学院の学舎

ヴォーリズ建築
ヴォーリズ建築

日本全国に数々の西洋建築を残したアメリカ出身の建築家、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ。ヴォーリズは学校建築も多く手掛けています。その一つが、神戸女学院岡田山キャンパス。妻・一柳満喜子の母校ということもあり、特別な思いを込めて設計に取り組んだと伝えられています。ヴォーリズが設計した建物のうち現存する12棟が、2014年に国の重要文化財に指定されました。そんな歴史ある校舎で学べると言うのも英文学科の特長の一つです。

#04

学びの特徴

世界へ通じる力を育む
言葉の軸が育つ

言葉の軸が育つ

言葉の仕組みや表現の方法を自分のものにすること。それは言葉に振り回されない軸をつくること。自分の中に育った言葉の軸は、どんな仕事をしようとも、必ずあなたを支えてくれます。だって、仕事とは言葉で進めていくものなのですから。フェイクニュースの嘘をかぎ分ける。お客様の声を聞いて、本当の望みを汲み取る。誤解されずに伝わるように表現する。それは、業界や職種を問わず役に立つ汎用スキル。どんな道に進むとしても、必ず身につけておきたい力です。

世界で通用する英語力が身に付く

世界で通用する英語力が身に付く

1875年の創立当初から「使える」英語を英語で教えてきました。卒業生は、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアをはじめ、ドイツ、フランス、タイ、台湾、シンガポールなど世界各地へ羽ばたいています。AIが翻訳してくれるから、もう自分で英語できなくてもいい?そんなわけありません!AIは人の言葉を理解しているわけではないのです。仕事でもプライベートでも、大切な人とのコミュニケーションをAIに任せてなんていられません。

自らの意見を持つ国際人に

自らの意見を持つ国際人

あの授業でもこの授業でもディスカッション。私の意見はこれ、と発言する。異なる意見に触れる。もっと話し合う。やがて心が広がって、意見の違いを乗り越えて、共通の目的をみんなで達成できるようになります。ネットで世界は近くなった……けれど、やっぱり広い。背景も考え方も異なる人々が、今日もどこかで笑ったり泣いたりしながら暮らしています。誰も置き去りにしない。そんな世界をみんなと一緒につくり出すのは、未来のあなたです。

Learning features
#05

学びのサポート

なりたい自分
をサポート
学びのサポ-ト

神戸女学院大学 文学部 英文学科では、自分の未来を切り開こうとがんばるみなさんを全力で支えます。そのためにあるのが「学びのサポートシステム」です。授業でわからないことは、先生に質問すれば解決します。でも、「どの授業をとればいいの?」「将来どうすればいいの?」といった困りごとは授業中には解決しません。そんなときは一人で悩まないで、サポートを頼ってください。

アカデミック・アドバイザー

夢を叶えるには、実現に向けて行動すること。 わかってはいても、どうすればいいか迷うときもありますよね。そんなときの強い味方。それが、アカデミック・アドバイ ザーの先生です。将来について、授業について。なんでも相談してみてください。きっとちょっといいアドバイスしてくれますよ。

マイ・ポートフォリオ

なりたい自分を想像して、4年間の行動計画を立てる。行動を記録する。記録を振り返って、さらに計画する。そうしてなりたい自分に近づく。自分の力で。そんな未来づくりをサポートする小さな冊子が「マイポートフォリオ」。新入生へのプレゼントです。就活に役立つ内容も盛りだくさん!

Learning support
#06

学科長からのメッセージ

ヴォーリズ建築

インターナショナルな環境で、
実りある4年間を。

神戸女学院大学文学部英文学科は、伝統と経験に根を張った太い木に例えられると思います。英文学科は、今までの伝統と経験から水分や栄養を吸い上げて、果実を実らせることのできる太くて大きな木です。そしてその木の中の環境は穏やかですが、多様で興味深く、刺激がたくさんあります。学科の教員の半数はネイティブスピーカー、そして日本人でも外国で教育を受けたり、研究をしたりした教員が多くおります。長い歴史のある講義室に足を踏み入れ、実際に先生の講義が始まると、「ここって本当に日本?」と、ふと思うことがあるでしょう。それほどインターナショナルな環境なのです。

1、2年生の英語の授業や3、4年生のゼミは1クラスの学生数は15人以下の少人数クラス。多様なバックグラウンドを持った教授陣が学生を丁寧に指導します。少し緊張するかもしれませんが、自分では気づかないうちに英語を理解し話しているでしょう。専門的課程ではコースが3つあります。「グローバル・スタディーズコース」、「言語コミュニケーションコース」、「英米文学文化コース」の中から1つのコースを選び、3、4年生のゼミでは興味を持ったコースのトピックを掘り下げ、駆け出しの研究者として卒業論文に取り組みます。

教育を受けた人は多様性に理解を示し、どんな状況にも適応でき、resilientになると言われています。学生はこの学科で毎日貴重な学びを重ねる中、英語力はもちろんのこと、 探求力、論理性、分析力などを向上させていくことでしょう。学問や知識だけではなく実践力も身につけるため、本学科では海外への「フィールド・スタディ」をはじめ、授業とは別に「英文学科特別プロジェクト」なども実施しています。この「英文学科特別プロジェクト」は、グローバル企業で長年のキャリアを積んでこられた女性講師によるメンタリングを含むプログラムで、女性として数々のライフシフトに対応しつつ、どんな状況に置かれても適応し、また跳躍できる女性になることを目標にしています。こうした英文学科の取り組みを通して、多くの学生がインターンシップを経験し、国際女性ビジネス会議への参加やフォーラムの実行委員会に所属し、勉強会にも出席しています。多様な体験を積み重ねた学生たちは、卒業後には英語教員や通訳者、翻訳者、グローバル企業でのビジネスウーマンなど、多くの先輩と同じ土俵に足を踏み入れ、憧れの職場で実力を発揮していくことでしょう。

この場所で4年間のうちに果実を実らせる、あるいは努力を実らせるために不可欠なものは、日頃のがんばりです。神戸女学院大学文学部英文学科は、向上心旺盛で、自分から英語の環境にどっぷり浸かって頑張ってみたい、と思う皆さんを心より歓迎いたします。そして皆さんに、ここでしか経験できない充実した環境を提供することをお約束いたします。

学科長松尾 歩
Message from the Dean
世界に触れると、自分が変わる。 世界に触れると、自分が変わる。

Seek the world,find yourself.

資料請求はこちら long-arrow-right-light